HOME>トピックス>産廃の許可申請を先生に依頼する場合にチェックして欲しいポイントを紹介します

目次

専門家中の専門家への依頼がいいでしょう

ガッツポーズ

行政書士が扱える書類の数は1万種類以上と言われていて、法律専門国家資格の中でも、特に幅広い業務範囲を持っています。業務範囲が広いので、行政書士試験合格後に先生は特定の分野を勉強して、専門分野をつくり仕事を受けている人が少なくありません。そのため、産廃の許可申請を東京の先生に依頼するとき、産廃の許可申請を専門としている先生に依頼するのがいいでしょう。

ローカルルールを熟知しているかが大切です

握手

産業廃棄物収集運搬業の許可申請は、申請する場所によってルールが異なり、行政書士はこのルールの違いを「ローカルルール」と言いっています。ローカルルールを理解していないと、申請が通らなかったり仮に通っても時間がかかったりしてしまうおそれがあります。そうすると、ビジネスを始める時期が遅くなることがあり、場合によっては経済的な損失が出てしまうかもしれません。そのため、産廃の許可申請を行政書士にお願いするなら、東京で長い期間活躍している先生にお願いする方がいいでしょう。ローカルルールを熟知している行政書士の先生は自信があるので、申請が失敗したら依頼料を返金してくれる、返金保証を用意していることがあります。

広告募集中